BYBのファットタイヤ仲間が増えた!!

0

    私のBYBの記事を見て反応してくれた人が!!!

     

    ふっといタイヤへ交換しました!!

    太い!

     

    タイヤはシュワルベ ビッグベン 20x2.15

    私のマキシス グリフターが2.1インチなので、数字上は0.05インチ太いのですが・・・

     

    実際にはかなりボリュームがあるように見えます!!

    正面から見るとそれほどの差でもないのですが・・・

     

     

    左が私のグリフター

    右がシュワルベ ビッグベン。

     

    フォークのクリアランスを見ると

    グリフター

     

    ビッグベンだと

    縦方向のクリアランスが狭い!

     

    つまり、縦に大きくなっているようです!

    僅か0.05インチですが、メーカーによってはサイズ感がだいぶ違いますね。

     

    でも、ビッグベンのほうが外周が大きくなっている訳ですから・・・

    ちょっとトップスピードが上がるのかな?

    もしくは速度維持が少し良くなるかも。

     

    シュワルベ系だとコレ以上太いタイヤは厳しいのかもしれませんね。

    今度私は今と同じグリフターの2.3インチにチャレンジしてみようかと思います!!

     

    ※ただ、タイヤを太くした分スタンドでバイクを立てた時にかなり傾きがキツくなりました。

    太くした場合はスタンドも少し長くできるものへ交換したほうが良いかもしれませんね。

     

    太いタイヤは正義!

    カッコいい!!

     

    乞うご期待!

     

     


    乗って試して!! Tern&FUJI E-BIKE試乗会開催!!

    0

      フジ・ターンのE-BIKE4車種を期間限定で試乗していただけますよ!

       

      メーカー様からのご厚意で2社の電動アシストスポーツバイク4車種をお借りしてます!!

      写真がゴチャゴチャしてて見づらくなってしまいました・・・。

       

      試乗車設置期間   7月3日(金) 〜 7月12日(日)

      試乗可能時間    オープンから17時頃まで 

                ※雨天の場合は試乗できません

       

      試乗ご希望の方は下記の2点についてご了承ください。

      ・顔写真付きの身分証明書のご提示(試乗中はお預かりします)

      ・試乗誓約書へのご署名

       

      ・ヘルメットのレンタルもありますので、ご希望の方はスタッフへお申し付けください。

       

       

      今回ご用意したバイクはコチラ!!

       

      フジ MOTIVATOR  ¥229,000(税抜)

      バッテリーをフレームに内蔵することでスッキリとした外観が特徴。

       

      アシストユニットはバーファン製で、リアハブにモーターを内蔵しているタイプです。

       

      全体的に普通のクロスバイクと変わらない外観であることも特徴の一つです。

       

       

       

      フジ  FARPOINT  ¥279,000(税抜)

      こちらのファーポイントはシマノ製アシストユニットを採用。

      リアホイールを後方へ伸ばすことで巨大な専用リアキャリアを装備可能となっています。

      多くの荷物を積載可能なため、配達などにも重宝しそうですね。

      ※試乗車に装備されているキャリアはオプション品となります。

       

      Tern  Vektron S10 & HSD

      コチラは小岩店でも常時在庫しているターンのE-BIKE。

      ボッシュのアシストユニットを装備しています。

      重量物であるモーターユニットとバッテリーが車体の下側に集中しているため、重心が低く安定感抜群!

      霧ヶ峰高原からのダウンヒルで時速60km/hを余裕で維持できるほど。

      ツーリングレポートはコチラ → http://blog.tclab.net/?eid=516

       

       

      しかもこの車体を支えるタイヤの太さも2.15インチという大ボリューム!

      HSDに至っては専用のサスペンションフォークも装備。

      快適性の高さも折り紙付きです。

       

      折りたたんでコンパクトにできる点も含めると、どこにでも持っていけるツーリング用にももってこいですし、巨大なキャリアで大量の荷物を運ぶカーゴバイクとしての利便性も兼ね備えています。

      HSDは標準で専用リアキャリア装備しています。

       

       

      ここ数年で多くのブランドでスポーツタイプE-BIKE(電動アシスト)がラインナップしてきました。

      一般車の電動アシスト自転車と違い、よりスポーティなデザインと走行性能の高さから利用される方も増えています。

      そしてスポーツE-BIKEは各社のモデルの違いが明確にあり、どのバイクを選んだら良いのか悩んでしまうのも事実です。

       

      そうなったら実際に乗ってみるのが一番!!

      今回は当店取扱いブランドの中から2社「Tern」「FUJI」のラインナップを実際に試していただけるようにメーカー側からお借りすることができました。

      乗ってみればそれぞれのモデルの違いをしっかり体感していただけます。

       

      いっぺんに乗り比べができる機会なんてそうそう無いチャンスです!

      12日(日)までの期間限定となります。

      移動手段としての自転車、せっかくならばラクラク楽しく乗れるバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

       

       


      インプレ第二弾!!!新型エモンダのインプレ比較してみた✨

      0


         


        どうも照屋です。

         

        先日お山にお店のと個人の

         

        自転車3台お借りしまして

         

        比較をしてきました。

         

        右から

        2012エモンダSLR

        2020マドンSLR

        2020リムエモンダSLR

         

        ※リムエモンダに関しましては、ナカガワエンドワッシャーが入っておりまして、乗り味が変わってますが、トレックの軽量バイク代表としてチョイスしました。

         

        比較場所

        場所

        距離  :2.7キロ

        平均勾配:7.1%

         


        ⚔実際の重量比較⚔

         

        2021エモンダ→7.2キロ🙈

         

        2020マドン →7.9キロ🙊

         

        2020エモンダ→6.7キロ✨

         

         

        やはりリムエモンダの軽さが目立ちますが

        この重量差は果たして走りに影響するのか?

        を実際走行した順からご紹介します!

        それでは!


        2020マドン🚴

         

        ・TREK Madon SLR 7 project one

        コンポ   :ULTEGRADi2 DISC

        クランク:DURA-ACEパワーメーター

        ホイール:BONTRAGER xxx4 TLR

        タイヤ :IRC FORMULA PRO TLR S-LIGHT 25c

         

         

        タイム :10分34秒

        平均ワット:278w

         

         

        峠を登った感じ、ホイールとの相性抜群でシッティングの時の推進力の高さは流石マドン!

         


        2020リムエモンダ🚴🏿

         

        ・EMONDA SLR フレームセット

        コンポ :ULTEGRA Di2 

        クランク:DURA-ACEパワーメーター

        ホイール:BONTRAGERアイオロスPRO5 TR

        タイヤ :continental competition 25c

        タイム      :10分24秒

        平均ワット:256w

         

         

        これは反則級ですね笑

        ワットからも分かる通り、少ないワットでタイムが早いのは

        リムエモンダの軽さとペダリングフィールがいい証拠ですね👌

         

         


        2021エモンダ🚵🏽

         

        ・EMONDA SLR フレームセット

        コンポ   : ULTEGRA DI2 DISC&DURA-ACE

        クランク:DURA-ACEパワーメーター

        ホイール:BONTRAGER xxx4 TR

        タイヤ :continental competition 25c

        タイム      :10分04秒

        平均ワット:285w

         

         

        もう一目瞭然ですねw

        タイム⏰とワット⚡が上がってます🏋🏽

        ワット⚡が上がる理由としましては、単純に踏んだら踏んだ分だけ持続しやすいという事です。

        この効果は使用されてるOCLV800という新設計された軽量かつ強度が増したカーボンによる効果だと思います。

        今まで感覚的にもデータ的にも良いのは中々無くて、トータルバランス🤸🏽が優れてるバイクになったんだなーと思いました。

         

        一番のポイントは。。。


        トップチューブとヘッド周

         

        りのねじれの少なさ!!

        登りでのダンシングの振りやすさ🕺🏼🕺🏼

        これはねじれが抑えられてる事がバイクを振った時に感じる軽さです。

         

        それと、踏み味が凄くマイルドかつ伝達がスムーズ⚡

        これらが、重量から想像もつかない走った時の軽さなのです。

         

         

        まとめ

         

        ・重量に惑わされないで!w

        ・ダンシングが軽い

        ・2020エモンダと2021マドンそれぞれの良さが2021エモンダに備わっていて、それによりオールラウンドにこなせる乗ってて気持ちいいバイク

        (例えるならドラゴンボールのベジットみたいな強さw)

         

         

         

              

         

         

        以上!照屋のインプレでした✨


        << | 3/169PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM