各種お見積りご依頼の時はバイクをお持ち込みください

0

    今回はお願いの記事です。

     

    小岩店はオープン当初からオーバーホール系の作業やバイクの組み上げのご依頼が非常に多いです。

    最近はバイクのコーティング「ガラスの鎧&鏡の甲冑」も好評です。

    通信販売で購入された商品でもお持ち込みOKですし、他店購入バイクでも喜んで作業お受けしているからかと思います。

     

    そういった作業のお問い合わせを電話やメールで頂くこともあるのですが・・・

    作業の内容はお伝えできます。

    おおよその納期も。

     

    ただし、料金については基本料金以上の事をお伝えすることが出来ません。

     

    なぜかといえば、そのバイクの状態を確認できないからです。

    走行距離や乗り方を教えていただいても、部品の摩耗状態を確定することは不可能です。

    どのような組み立て方をされているかもわかりません。

     

    とにかく料金については車体を確認してみないことにはどうにもならないのです。

     

    例えばガラスの鎧を施工する場合、フレームの塗装等の状態によって「できる・できない」の判断が必要だったりします。

    クリーニング以上の下地処理が必要な場合もあり、その場合は追加料金が必要となります。

    新品だったとしても、グリスだらけなんて場合もあるので油断できません。

     

    オーナー様が思っている以上にバイクのダメージが深刻な場合が結構ありますし、むしろそちらの方が多いです。

    最悪なのは、オーバーホールしようとしたらフレームにクラックが入っていた事も・・・

     

    全く同じ完成車で走行距離がほぼ同じだったとしても、乗る方の体重や乗り方(使うギアの違いやポジション)で1年後の状態は違います。

    男性と女性、保管状態、メンテナンスの頻度や内容でさらに変化してしまいます。

     

    まさに車体の状態は十人十色なのです。

     

    だからこそお電話などでは作業の詳しい料金についてのお問い合わせにお答えできません。

    お手数ではありますが、バイクを店頭にお持ち込み頂き見積もりの依頼をしてください。

    ご希望なども伺いながら、できるだけ正確なお見積をお作りします。

     

    とはいえ・・・

    実際は作業してみて見つかる部品の傷みや不具合も結構あるのですが。

    その場合は改めてご相談させていただきます。

    ※特にヘッドパーツやボトムブラケットは外から見ただけではワカラナイデス。

     

     

     

    特にこれからの梅雨の季節は本格シーズンスタート前のメンテナンスに最適なタイミング!

    雨で乗れなくなるこの時期にバイクをメンテナンスに出してください。

     

    梅雨が開けてシーズン本格始動!という時に、ベストな状態のバイクで楽しめますから。

     

    梅雨の時期は室内ローラーでトレーニング!

    も、大事ですがそれに合わせてバイクメンテナンス!

    も、気にしておいてくださいね。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM