トレックがeMTB出すってよ! たぶん!!

0

    ようやく、です。

    一応決定事項ではあるようですが、まだまだ油断できません。

    2020年モデルとして国内展開する予定だそうです。

     

    日本国内で「ちゃんとした」eMTBの先陣を切ったのは

    ミヤタ  リッジランナー。

     

    小岩店でも試乗車としてご用意しております。

    おそらく国内展開しているモデルで最大限「マウンテンバイク」しているのがこのバイク。

    27.5+のタイヤ、120ミリストロークのフロントサスペンション。

    そしてドロッパーポスト装備。

    いわゆるトレイルライド用の最新トレンド全部入りです。

     

    普通のMTBの乗り方に慣れていると、その車体の重さに最初は戸惑いますが・・・

    乗り方に慣れてしまえば超面白い超楽ちんなバイクです。

    ちゃんとトレイルの下りでジャンプしたりコーナー攻めたりできちゃいます。

    コーナーの立ち上がりでペダル回すとアシストのおかげで一気に加速できちゃうのがすごい。

     

    メリダのeBIG NINEも良かったですね。

    装備としてはクロスカントリー系ではありますが、軽快感ある走りはとても良かった。

     

    ミヤタ、メリダともに採用しているシマノの電動ユニット。

    MTBにはとても向いていると思います。

     

     

    さて・・・

    トレック・ジャパンさんはどのモデルを国内展開するのか。

    もう一つの決定事項は

    ・フルサスペンションモデルとハードテイルの2ラインナップ

    ・フルサスペンションモデルはカーボンフレームになる

    というところ。

     

    実は日本以外ではとっくの昔にeMTBは通常展開されているんです。

    日本では道路交通法や規格の問題があって海外のモデルをそのまま輸入することができず、一歩・二歩遅れている状態。

    トレックUSAのホームページを見ると・・・

    魅力的なeMTBがたくさんラインナップされてるんですよ〜。

    気になる方はぜひ御覧ください。

     

    まあ、その前に日本のMTB需要がとても少ない事が一番の理由ではあるのですが。

    しっかり利益が取れない製品に労力を割くことはリスクが大きいですからしょうがない。

    販売店としても、十分理解できる理由ですね。

     

    とは言え!!

     

    リッジランナーに乗って体感し、実感した結果!!

    今日本のMTB人工を増やす一つの原動力になりうるのが!

    eMTBであるとも思っています!

     

    車体価格や乗れる環境ももちろん重要な要素ではあります。

     

     

    おそらく2020年モデルとして他のブランドもこのカテゴリーに新モデルをラインナップしてくるでしょう。

    すごく楽しみです。

     

    続報を待つこととします。

     

     

     

    ところで。

    マウンテンバイク、気になっている方は

    サンクスサイクルラボ小岩店へぜひご来店ください!!

     

    スタッフ山本・田口、共にMTB乗りです。

    ライド経験も豊富です。

    メンテナンスに関してもご安心ください。

    油圧ディスクブレーキ各社メンテ可能ですし、サスペンションのメンテナンスもお店でできます。

     

    乗り方にあったバイクの提案いたします。

    じっくり話して最高の1台をご紹介しますよ!

     

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM