アルミの平面仕上げ

0

    お客様のご依頼で久しぶりの精密加工をやりました。

     

    このアルミパーツを棒ヤスリで削って

     

    こんな形に。

     

    かなりいいレベルの平面加工精度を出せました。

    紙やすりは歪みが出やすいので使ってません。

     

     

    このパーツ、元々は当店取扱いブランド「バレットライティング」のオプションアダプタ。

    ロードのキャリパーブレーキ部分でライトを固定する時に使うパーツです。

    アルミ削り出しの弾丸のようなライトで、美しい仕上げとコンパクトなサイズで人気です。

     

    丸いボディに取り付けるために合わせ面は丸くなっているのですが、今回は違うライトへ流用するために加工をしました。

     

    レザイン マイクロドライブ400XLを取り付け。

    バンドと本体の取り付け方法が偶然にもバレットライティングのボルトと同規格でした。

    バイクの中心にライトを取り付けできて、ハンドルもスッキリ。

     

    ピッタリフィット

     

    今回はたまたま取り付けができて、お客様の求める理想に近い作業ができました。

     

    加工を含めた取り付け作業時間は約30分ほど。

    工賃は車種によって違いがありますが、¥1,500〜¥3,000の範囲内でしょうか。

     

    安全性に影響を与えない範囲内であればこのような作業もお受けします。

    なにかあれば、ご相談ください。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM