SDA王滝はやっぱり・・・

0
    今回はかなりヤバかった・・・

    もう何回参加したのか忘れるくらい、SDA王滝には参加してます。
    でもその殆どが秋の大会。
    春の大会は・・・正直コースが秋よりツライので避けてました。

    春のコースは秋のコースと逆周り。
    ほぼ同じコースを走るのですが、登りがキツくて路面が荒れてるのですよ。

    まあ・・・、とりあえずイベントレポートしますね。

    当日の朝は早いです。
    お店を閉めた後に準備した荷物を車に積み込んで出発。
    会場に到着したのはAM1:30ごろ。

    スタートは6時。
    準備があるので4時には起きました。

    まだ真っ暗。
    でも多くの人がレースのスタート準備をしているので賑やかです。


    まあ、なんだかんだ何回も出ているので準備はスムーズに進みました。
    今回はバックパックは背負わず、荷物はサドルバッグとジャージのバックポケットに全部いれました。

    荷物の内容はこんな感じ。

    補給食がメイン。
    トラブル時の対応で予備チューブは2本用意しました。
    サイズをコンパクトにするために、マキシスのフライウェイトチューブを選択。
    軽量チューブですが、サドルバッグの容量を節約できるのがポイント。

    王滝で一番多いトラブルは「パンク」です。
    今回もスタートして最初の林道に入ったすぐの場所でパンクしてる人がいました。
    その後もコースのそこかしこでパンク修理している参加者が。

    私の過去の経験上、パンク防止の手段で一番大事な事はタイヤ選び!!
    とにかくパンクに強いタイヤとして絶大な安心感を提供してくれるのが「マキシス」ですね。

    過去に参加した大会はほぼすべてマキシスのタイヤにお世話になってて、パンクはゼロ!
    一回だけ違うブランドを使いましたが・・・最初の下りでサイドカット。
    その後も貫通パンクするなど大変な思いをしました。

    チューブは薄い軽量モデルでもパンクの確率は変わらないと感じます。

    補給食についてはいつも多めに持って行きます。
    ギリギリの量では足りなくなった時に困りますが、余る分には困らないので。
    CCDドリンクもかなり大事。
    体への水分の浸透能力がタダの水では間に合いません。
    カロリーもあるので、コンビニで売ってるスポーツドリンクよりも絶対に良いです。
    あと固形の補給食は食べないなんて言う人もいますが、私は空腹感が精神的なダメージとなるので必須です。
    ようかん系は食べやすくてGOOD!
    バナナバーもしっとりしてて食べやすかったです。


    準備の話はホドホドにしましょう。
    気になる人は直接お店で質問してください。

    レースは6時きっかりにスタートしました。
    ココからは流石になかなか写真が撮れませんでした。
    なにしろロードバイクみたい綺麗な路面を走ってるわけではないので。

    こちらはスタートして約2時間半ほどの場所。
    距離にして・・・25kmほどかと。

    景色は最高に良いです。

    コースの様子。

    よく写真だと斜度がわかりにくいとは言いますが・・・
    ガーミンの表示を見るとだいたい10%前後。
    あまり気にするとヤル気が削がれます(笑)
    コレも一つのメンタルアタック。


    この辺りは路面が綺麗ですね〜。

    コースの中盤にある湖から流れる川。


    水がすごく綺麗・・・。
    飛び込んで体を冷やしたい〜。


    コースの途中には天然エイドステーションなるものがあります。

    このレース、基本的にはすべての事に対して自分で対処しなくてはいけません。
    それは事前の準備も当然で、レース中のあらゆるトラブルに対しても同じです。
    ただ、水に関しては3箇所あるチェックポイントである程度は用意されていて、補給が可能なんです。
    それでも途中で足りなくなる事も。
    そんな時には大会側が飲めるかどうかのチェックをした川や滝で補給をするんですね。
    私も今回ドリンクについては結構ギリギリだったので助けられました。

    天然エイドステーションの水は美味しい!!
    ついでに体へも水をかけて、冷却!
    気分もリフレッシュして、再スタートです。


    レース中の私は、それはもうこの日までの自分の行動を恨んでましたよもう!
    忙しいことを理由に自転車に乗らず、ベースの体力が相当落ちている事を実感してました。
    自転車通勤もしばらくしてませんし・・・。

    第1チェックポイントを過ぎた辺りから両方の太ももが攣り、腰も筋肉痛になり、腕も痺れて・・・
    残りの距離を走りきれる想像が全くできませんでした。
    なにしろ後半は登りの半分ぐらいは押して歩いてましたし。
    攣ったら止まって落ち着くのを待ち、押し歩いてバイクに乗ってまた攣って・・・
    梅丹本舗の2RUNを飲むとだいぶ落ち着くのですが、それでもある程度時間が経つとまた攣ります。
    もう太ももの筋肉がビクビクして言うことを聞いてくれません。
    それでもだましだまし前に進みましたが、第2チェックポイント前にはもうリタイアすることを考えてました。
    とりあえず第2チェックポイントまで行けば楽になれると思って必死にバイクを前に進めてましたよ(笑)

    そして第2チェックポイントには制限時間の30分前にやっと到着!
    バイクから降りて呼吸が落ち着くのを待ちました。

    もうリタイアしようか・・・。

    と、そこでスタッフの方が言いました。
    「あとすこし登るだけで、あとは下るだけだよ〜。」
    「第3チェックポイントまでは10kmぐらいだし、少し頑張ればクリアーできるよ〜。」
    「あとちょっとだからモッタイナイよ〜。」


    よくこの世界で言われる事の一つ。
    ”慣れている人の言うことを信じてはいけない”

    いつもは私が言われる側なんですが(笑)。

    今回は騙される側に。
    スタッフの言葉を呪いながらバイクを押し、ペダルを回し。

    ※写真に写っているのは私ではありません。

    下りだけは得意分野なのでコレでもかと飛ばしましたが!

    とりあえず残り15分ぐらいで第3チェックポイントをクリアー!!
    下りで飛ばして登りの遅さをカバーしましたw

    ゴールまでは時間的に余裕がありました。
    でも、相変わらずゴールまでの距離詐称やら下りのように見せかけて続く登りとか。


    コレでもかと続くメンタルアタックを乗り越えて、なんとか9時間半ほどでゴール!

    ゴール後にパシャリ。

    過去に参加した大会の中でも1番時間がかかりました。
    でも、1万円の参加費で9時間半も全身全霊で楽しめたと考えたら、かなりお得だったかと前向きに考えます。


    ゴール後には王滝村の名物? 猪豚丼を頂きます!

    ウマイのですよコレが!!

    そして大会は無事に終了しました。

    お疲れ様でした〜。

    愛車のメリダ BIG NINTY.9も頑張ってくれました。

    ノントラブルで最後まで付き合ってくれました。
    良いバイクです。

    過去最大に辛さを感じた今回のSDA王滝でした。
    でも、結果的に完走できましたし、コレ以上に辛い事はそうそう無いだろうと思うと・・・
    十分良い結果だったと思います。
    ただ現段階では次のことを考えたくないのも、また事実でもあります。

    とりあえず頑張ってくれたBIG NINTY.9のメンテナンスをして大会を完全終了としましょう。

    参加された皆様お疲れ様でした。
     

    コメント
    お疲れ様でした♪
    すごい…自転車ってこんな状態になっても走れるんですね…


    キャノンボール初級にチャレンジして、普段出来ない強度のライトでの補給の大切さを痛感しました。
    CCDドリンクについてとか、いつかお伺いするかもしれません(๑•̀ㅁ•́๑)
    • やまD
    • 2016/05/23 6:02 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM