カスタムとは? 愛車を自分色に染める事ナリ!!

0

    カスタム、グレードアップはスポーツバイクの楽しみ方の一つ。

    お気に入りの1台をさらに自分の好みに合わせていく方法です。

     

    どんな風にするか・・・

    悩みも多く、悩んでいる、考えている時間がとても楽しい時間です。

     

    今回は私の愛車自慢に付き合って頂きたく、筆を取った次第であります。

    過去にも数多くのバイクを所有し、イロイロとカスタムして乗り継いできました。

     

    そして今、山本的に一番アツいのはこのバイク!!

    FUJI BALLAD  ¥74,000(税抜)

     

    細身のクロモリパイプ&ホリゾンタルフレームの王道的カッコよさ。

    シルバー系のパーツで組まれていることもあり、クラシックな雰囲気が人目を引くバイクです。

     

    私も実物を見てひとめ惚れw

    愛車コレクションに仲間入りとなりました。

     

    買ったからには弄らないと!

    そんな衝動に駆られ、日々妄想に耽っておりました。

     

    そこでまず目についたパーツがこちら。

    ケーンクリーク eeブレーキ F/R!!

     

    この削りだし感、バラッドと同じくヒトメボレ。

    チョウカッコイイ・・・

    そうなったら付けるしかないでしょ!!

    価格がバイク価格よりも高い(F/Rセット¥79,800!)ブレーキですが、そんな事考えちゃダメですw

     

    純正のブレーキがこちら。

    ノーブランドのキャリパーブレーキです。

    制動力も十分なので、性能的には全く不満は無いのですが・・・

     

    早速交換!!

    うわびっくりかっこいい!!

    リアも!

    バラッドの細身なパイプにメカニカルでマッチョな存在感がプラスされました!

     

    ついでにブレーキケーブルをニッセンのビンテージケーブル ステンレスのシルバーのアウターへ交換。

    柔らかくキレイなカーブを描く・・・

    アウターのみで¥2,000/2m(税抜)です。

    カラーは他にもたくさんあるので、バイクのイメージチェンジに交換するのは大いにアリです。

    ニッセンケーブルウェブサイト

     

    制動力も若干アップしました。

    ニッセンケーブルと合わせて操作がとても軽くなり、バイクの雰囲気にも満足度急上昇!

    走るのが楽しくなりましたよ〜。

     

     

    そしてこちらのパーツも装着!

    ナチュラルウッド チェーンガード  ¥5,450(税抜)

     

    本物の木材を加工した、ちょっとめずらしいアクセサリーです。

    バラッドはフロント変速が無いシングルギアなので取り付けてみました。

    チェーンリングカバーも付いているのですが、更にズボンの裾を守るために取り付け。

     

    ちょっとオシャレな感じ。

     

     

    まずはこんなところでしょうか。

    他にも細かいカスタムはしていますので、また自慢ブログとしてアップしますね。

     

    ちなみに今回のブログで何が言いたいかというと・・・

    「あなたのお気に入りのバイク、カスタムで更に愛してみませんか!」

     

    基本仕様でも十分満足できている方も多いかとは思いますが、あえて少し手を入れてあげると雰囲気がさらに良くなったり、乗り心地が良くなったり、あるいは速く楽に走れるようになるかもしれません。

    そのような変化を楽しんでみることも、スポーツバイクに乗っているならば味わってみてはいかがでしょうか。

     

    きっと楽しくなっちゃいますので、オススメです!

     

     


    超軽量ツーリングバイクの提案 こんな事もできるんですけどいかが?

    0

      我々サンクスサイクルラボのスタッフは、日々たくさんのお客様から色々なご相談を頂きます。

      そして、できるだけご要望を叶えられる提案をさせて頂いています。

       

      今回もちょっと贅沢?なご相談を頂きました。

       

      要約すると

      「軽くて長距離も楽に走れて荷物をたくさん積めるロードバイク」

      です。

       

      お客様自信はクロスバイクからスポーツバイクの世界をスタートされたそうです。

      そして乗るたびにその楽しさから走行距離も伸び、今では荷物を詰め込んで数日間のツーリングへ出かけるほどまでなられたようです。

      そんなロングツーリングのお供だったクロスバイクに限界を感じたため、ロードバイクへの乗り換えのご相談のためにご来店頂きました。

       

      やはり荷物がたくさん積めることが必須。

      その上でできるだけ軽く、体への負担の少ないバイク。

       

      そこでヤマモトからご提案させた頂いたバイクはトレックのエモンダSL5。

      フルカーボンフレームでセカンドグレードとはいえ相当軽量なバイクです。

      ただし、荷物を積むための装備はフレームにはありません。

      リアキャリアを付けるためのダボ穴も無いので、このままでは積載量はたかが知れています。

       

      ではどうするか?

      さらにヤマモトは提案をさせて頂きました。

       

      その答えとは?

       

      まずはこちらをご覧ください。

      実は・・・

      エモンダにはリアキャリアが付けられるのです!!

      超軽量なレーシングバイクですが、超軽量なツーリングバイクにもなっちゃうのです。

       

      とはいえ、どんなキャリアでも付くというわけではありません。

       

      ボントレガー バックトラックライトウェイト  ¥9,500(税込)

       

      ロードバイク用の超軽量リアキャリア。

      積載量も22.7kgとかなり余裕あるので、サイドバッグに荷物詰めてたっぷり持ち運べます。

       

      私も3世代前?のマドンに取り付けてツーリングによく行ってました。

      数年前の京都ツーリングの時の写真。

      サイドバッグ付けちゃってるのでキャリアが見えにくいww

       

      それにプラスしてフレーム側の取り付けにこのアイテム。

      ミノウラ シートポストクランプ MT-800N専用  ¥1,399(税込)

       

      キャリアダボの無いフレームにキャリアを取り付けるためのアクセサリーです。

      今回はエモンダSL5のアルミシートマストのサイズがこのクランプで固定可能だったので利用してみました。

      このクランプを採用したもう一つの理由があります。

       

      バックトラックライトウェイトはリアホイールのシャフトに専用クイックレリースで固定します。

      そのために耐荷重も大きいのですが、実は取り付け&外しも非常に簡単なのです。

      外す手間はクイックレリースを抜いて、シートポストクランプのレバーを緩めるだけ

      例えば輪行バッグに収納するときはキャリアを外してコンパクトに収納、なんてことも簡単なんです。

       

      通常のリアキャリアはボルトでフレームにしっかり固定します。

      そのため、簡単に付けたり外したりという訳にはいきません。

       

      ちなみにシートポストクランプはMT-800N専用とはなっていますが、少しの工夫で他のキャリアにも利用できるでしょう。

       

       

      そういう訳で。

      今回はレーシングバイクであるエモンダSL5を重積載ツーリング仕様としてみました。

      他にも工夫次第で積載量は増やせそうです。

       

      やはり長い距離・時間のツーリングになればなるほど、軽量バイクのメリットは大きくなります。

      一般的にはこういう用途だとクロモリやアルミのフレームを勧める事も多いですが・・・

      カーボンでちゃんと安全に荷物をたくさん積めれば言うことないはずですよね。

      輪行も慣れれば傷も付けることなく梱包できますし。

       

      色々なアイテム、パーツを知っていれば、その組み合わせや工夫しだいで用途はさらに増えます。

      私も勉強しながらご提案させていただきますので、よろしければ色々とお問い合わせください。

       


      サスペンションフォークを変えてみる

      0

        マウンテンバイクのカスタムネタは結構レアですね〜。

        今回は走りの要となる「フロントサスペンション」を交換してみました!

         

        バイクはこちら。

        トレック  ロスコ8!

         

        台数限定でトレックのラインナップとなった、かな〜り遊べるバイク!

        このバイク、販売価格は¥139,000(税抜)でしたが、ヒジョーにパッケージングがよく、このまま山へ持ち込んでもOKなレベル。

         

        だがしかし!

        乗り込んでくると、フロントサスペンションの性能に物足りなさを感じるようになってしまいます。

        価格が価格だけに、致し方ないところではあるのですが・・・

        トレイルの下りでどうしても頼りなく、思い切り突っ込めないところがありました。

         

        その他の部分に性能的不満が無かったので、サスペンション交換やってみましょ!!

         

        交換するのはこのフォーク!!

         

        マルゾッキ  ボンバーZ1   ¥80,000(税抜) 

         

        マルゾッキ!? Z1・・・だと!!

         

        と、思ったあなた。

        だいたい同世代ですね〜。

        40代〜50代前後の方で、その昔ダウンヒルなんかやってた方ならこの名前は知ってるでしょ?

         

        実はこのフォークをプロデュースしているのはFOXなんです。

        ですから、ダンパー等FOXのFITカートリッジを採用しています。

        なんとフォーク下部にあるこの黒いパーツは・・・

         

        カバーになっていて、外した中にセッティング用のダイヤルがあるんです!

        汚れを防ぐ事と、ぶつけたりホイールを外して地面に置いた時等にダイヤルを守ってくれます。

         

         

        ものすごい精密機械のようなFOXの上級グレードフォークの性能とまではいきません。

        しかし、その分低価格!

        ストロークも130世ら170世泙如27.5インチ用と29インチ用のラインナップもあります。

        今回私が選んだのは29インチ用ですが、27.5インチのプラス規格まで対応しています。

         

        27.5✕2.8インチでかなり余裕のあるクリアランス。

         

        扱いやすく、作動感も滑らか。

        まさにロスコのようなバイクにピッタリ!!

         

         

        ではもともと装備されていたロックショックスのジュディとの違いをちょっとピックアップ。

         

        まずは重量。

        コラムの長さは同じに揃え、スルーアクスルシャフトは抜いてあります。

        ジュディ

        2225g

         

        ではマルゾッキ Z1

        2190g

         

        ・・・

        やった! 35gも軽量化だっ!!!

         

        びみょ〜に軽くなった。

         

         

        インナーチューブ直径

        左ジュディ :30澄   ̄Ε椒鵐弌次Z1 :36

        見て分かる通り、Z1の方がだいぶ太いです。

         

        それに伴いボトムケースの径も

        かな〜り太いです。

         

        単純に太いパイプのほうが撓りに対して強くなります。

        高速走行での安定感がアップ、動作時の無駄な抵抗も減りどんな時でもスムーズに動きます。

         

         

        その他かなり細かく違いが多数あります。

        詳しくは店頭でお問い合わせください。

         

        なにより

        かなりロスコが強そうになった!!!

         

        コレ大事。

        自分のすべてを預ける相棒です。

        自分の走りのレベルに合わせて、相棒も強くなってもらわねば困ります。

         

        今回はバッチリ役割を果たしてくれそうですよ〜。

         

        ロスコはエクスカリバーシリーズをダウンヒル寄りにセッティングしたバイク。

        フォーク交換で大幅グレードアップした事で、より楽しくライドできること間違いなしでしょう。

         

        こいつで早くトレイルやダウンヒルコースへ繰り出したくなります!!

         

         


        チェックポイント+インダストリーナイン=カッコイイ

        0

          私のチェックポイント(試乗車)がまカッコよくなったのでお知らせ(自慢)します。

           

          まあとりあえず見てくださいよ。

           

          今回カスタムしたのは

          ホイール!!

           

          インダストリーナイン  ウルトラライト29ホイール  レインボーカスタムカラーモデル

           

          お店でカラーの見本として用意していたホイールです。

           

          このホイール、元はMTBの29インチ用ですが・・・

          インダストリーナインは各種ハブの規格に簡単に対応することができる、高い汎用性を持っています!!

          そのためチェックポイントのハブ規格「フロント 12✕100澄▲螢◆12✕142澄スルーアクスルへ、シャフトのキャップを交換するだけで簡単に装着可能になります。

           

          これはインダストリーナインの製品全てが同じように設計されています。

          ※ブーストは別なのでご注意ください。

           

          ちなみにリムのサイズはロードの700cと29インチは同一の物という事はご存知ですか?

          MTBは車体の各種サイズをインチで表記することが多いので、同じサイズとは分かりにくいですね。

          そのためリム幅とタイヤの太ささえ合わせれば、29インチホイールに700cのロード・クロス用タイヤを合わせることもできます。

           

           

          今回合わせたタイヤはこちら。

           

          WTB RESOLUTE 700x42c TCS   ¥7,400(税抜)

          チェックポイントは最大45cまでのタイヤを装備することができます。

          42cならぜんぜん余裕ですね。

           

          最大限45cでも良かったのですが、ブロックパターンの雰囲気とチューブレス対応というポイントもあってこのタイヤに落ち着きました。

          ・センターは細かいブロックが狭い間隔で配置されている

              ↓

           オンロード走行時の抵抗が少なくなる

           

          ・サイドはブロックの間隔が広い

              ↓

           オフロードでのコーナーリングでブロックがしっかりと地面に刺さりグリップする

           

          標準装備のシュワルベワンと比べると走行抵抗は増えるでしょう。

          しかしチェックポイントはグラベルロードですから。

          オフロード走行時の性能をもっとアップさせたほうが絶対に「楽しい!」はず。

          早くグラベルライドに行きたい。

           

           

          バイクの機械的なカラーと、派手なカラーリングの軽量ホイールの組み合わせ・・・

          これはカッコイイィィ〜。

           

          早くグラベルライドへ〜。

           

          行きたくなりますね!!!

           

          ちなみに肋骨の具合はだいぶ良いです。

           

           


          美しい・・・(うっとり)なホイール組みました

          0

            ホイールはバイクの走行性能アップには一番効果的なパーツです。

            そして印象も大きく左右する大事なパーツでもあります。

             

            今回はまさにバイクのイメージを引き立たせるためのカスタムとして、こういうホイールを手組して納品させていただきました。

             

            リム:アラヤ SA-730 ポリッシュ

            ハブ:トラディチオーネ クラシックハブ前後

            スポーク:サピム リーダー #14

            ニップル:サピム ブラス

            スポークの編みはあえてのタンジェント組み。

            ラジアル組みは軽量化には意味があるとは思いますが、このバイクには合わないかと。

             

            フルポリッシュのリム・・・

            めちゃくちゃ艶やか!!

            制動面までポリッシュしてある!

            ブレーキかけたら削れますけどね!!

             

            今回のホイール組みの目的はあくまでのバイクのイメージアップ!!

            なにせこのデローザのヌーボクラシコ、フレームがクロームメッキ仕様。

            しかし、装備されていたホイールはカンパニョーロのゾンダでした。

            交換前の写真撮り忘れましたが、バイクのイメージからすると「・・・なんか違う??」という印象。

             

            そこで今回はそのイメージを統一するためのホイール交換。

            ポリッシュ仕様があるアラヤのリムを使って手組することになりました。

             

            背面がごちゃごちゃしてて非常にモッタイナイ写真になってしまいました〜。

             

            リアホイール。

            顔が写っちゃうくらいのポリッシュ!!

             

            お客様への納車が夜だったのですが、車のライトがリムに反射して・・・

            それはもうキレイに見えるというコレだけでご飯3杯はイケるレベル!!!

             

            この美しさを保つためには普段のメンテナンスも必要です。

            曇りだしたらコンパウンドで磨く、水分が付いたままにしない。

            ワックスで表面の保護も効果的ですね。

             

            チェーンにオイルを差すついでにリムも磨いてあげましょう。

             

            ちなみにこの今回の組み合わせで組んだ場合の金額は¥55,550でした。

            使うパーツによって前後します。

             

            気になった方はご相談くださいね〜

             

             


            手組みホイールできました

            0

              先日パーツだけ紹介していたホイールが完成しました。

               

              まずは通常の27.5インチバージョン。

               

              リムはファイアアイのエクセレラント 650B30。

              ライトダウンヒルにも十分対応できる頑丈なリム。

              サピムのリーダースポークで前後輪とも6本組みとオーソドックスに仕上げました。

               

              目を引くアップルグリーンアルマイトのハブ。

              フロント ファイアアイ FH-15  ¥13,000

               

              リア ファイアアイ RH-12142  ¥18,000

              ちょっと見にくいですが、ニップルもアルミのグリーンにしてあります。

               

              オーナーのイメージ通り、軽量化とバイクのイメージアップに貢献できたようです。

               

               

              そしてこちらは自分用に組んだ27.5+のブースト仕様ホイール。

               

              フロント ファイアアイ FH-15110   ¥13,500

              リア ファイアアイ FH-12148  ¥18,000

              こちらもリーダースポークで6本組み。

               

              リムはアレックスリムのMD40  ¥6,000(税抜)です。

              手頃な価格ながら27.5+規格用のワイドで軽量なモデル。

              ニップルもアルミのゴールドに。

               

              そしてチューブレスバルブはインダストリーナインのターコイズ!

               

              バイクに取り付けましたが、まだトレイルで走れていないのでどんな走りになるのかは後日。

              今も愛用しているサーリー クランパスの29+の走破性の高さは異常と言えるレベルなので・・・

              27.5+のこちらのホイールを装備した私のFUEL EXがどこまで性格が変わるのか楽しみ。

               

              早く、早くトレイルに行きたい!

              ダウンヒルしに行きたい!

               

              頑張って仕事しなきゃ。

               

               


              組み立てる前からワクワクするね

              0

                バイクカスタムの方向性として、一番誰でもグッと来るのはコレでしょ!

                 

                愛車のカラーカスタム!!

                 

                例えばこちらのパーツ。

                色鮮やかなアルミパーツ達。

                 

                金属素材であるアルミを美しく着色する方法が「アルマイト」という処理。

                独特の発色はパーツの存在感を際立たせ、それだけでも特別なモノという印象を与えます。

                 

                ファイアアイのMTB用ハブ。

                 

                発色イイなぁ。

                 

                さて、このパーツでホイールを2セット組み上げます。

                そのうちの1セットは私の愛車へ。

                プロジェクトワンでオーダーしたスペシャルFUEL EX!!

                自分だけの1台を作れるプロジェクトワンバイクを、さらにカスタムでスペシャルバイクへ。

                 

                仕上がりをお楽しみに。

                 

                詳しくは出来上がり報告のブログで。

                 


                たとえばこうすると、こうなります

                0

                  久々のカスタムカテゴリー。

                   

                  今回はエモンダALR5のホイール交換をしました。

                   

                  お客様に納車して数ヶ月。

                  そろそろバイクのカスタムの本丸へと突入です。

                   

                  という訳でこちら。(作業後)

                  純正ホイールから当店イチオシホイール ウッドマン ロンドACへ交換!!

                   

                  ウッドマン ロンドACホイール   前後セット ¥70,000(税抜)

                  作業前の写真を撮り忘れました。

                   

                  せっかくの軽量ホイール、同時にタイヤもボントレガーのR3ハードケースタイヤへ。

                  タイヤサイドの色のアピールが強くて良いですねぇ。

                   

                  超絶回転性能を持っているウッドマンオリジナルのハブ。

                  とにかく、とにかくよく回る回る回りすぎるハブ!!

                   

                  では皆さん気になるのはホイール交換でどれほどの重量差になるか、でしょうか。

                  計測してみました。

                  まずはエモンダALR5の純正ホイールから。

                  今回はタイヤ&チューブも交換するので、それも合わせた重量になります。

                   

                  純正フロントホイール

                  1268g

                   

                  純正リアホイール

                  1511g

                   

                  前後の合計 2779g

                   

                  このホイールは初期状態のまま。

                  なにも手を入れていません。

                   

                   

                  ではウッドマン ロンドAC+ボントレガー R3ハードケースタイヤ+ボントレガー ライトウェイトチューブ。

                   

                  フロント

                  986g

                   

                  リア

                   

                  1128g

                   

                  前後の合計 2114g

                   

                  結果:665gの軽量化達成です。

                   

                  この665gをどう捉えるかが大きなポイントです。

                  ロードバイクを始めスポーツバイク全般に言えるのですが、ホイールの軽量化は効果が絶大です。

                  その理由は、ホイールは回転するパーツだから。

                   

                  例えば重さの違う物を同じ回転数にするために使うエネルギーは、より軽い物の方が少ないエネルギーで済みます。

                  つまり、重量が軽いほうが早く回転数を上げることができて省エネなんです。

                   

                  今回の場合は2779gの純正ホイールよりも、2114gのロンドACホイールの方がエネルギーロスが少なくなるというわけですね。

                  で、この効果の「体感差」が重要!!

                  よく言われる話ですが、重量差に対する体感差はホイール以外のパーツ(例えばハンドルやコンポーネントパーツ)を665g軽量化した時よりも10〜15倍ぐらいの差を感じられるといいます。

                  まあ、10〜15倍という数字はあくまでも感覚ではありますが、とにかくホイール周りの軽量化はより大きく体感できるというわけ。

                   

                  実際に、このカスタムをされたお客様は、帰りの道でその差をものすごく実感していただいたようでした。

                  なにしろ感動して、ご帰宅後にお店まで感じたことを電話で伝えてくれたほどです!

                  感想をまとめると「とにかくスゴすぎる!!」という内容でした(笑)

                   

                  交換するホイールによっても違いは出てきますが、ロンドACは高性能なハブを剛性バッチリに組み上げてあります。

                  そのためホイールの歪みによるロスも最小になるため、重量差プラスアルファの効果を体感できるんです。

                   

                  某ブランドのアルミ+カーボンラップのなんとか24cよりも走りが軽い!と感じている方も。

                  ※感じ方には個人差はあります

                   

                   

                  ウッドマンホイール、とにかく高性能です。

                  同価格帯の別ブランドと比べても・・・ね。

                   

                  因みにウッドマンのホイール、都内では

                  サンクスサイクルラボ小岩店のみでしか取扱いしていません!

                   

                  他のお店で手に入らないモノを積極的にラインナップする。

                  それがサンクスサイクルラボ小岩店です。

                   

                   

                  相変わらず文章だらけになってしまった・・・

                   

                   


                  | 1/2PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  30      
                  << June 2019 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM