どんどん箱出し!2018モデル+2017もね

0

    日々忙しくお仕事しております。

     

    ご依頼沢山頂けていることに感謝。

     

    とは言え・・・

    ここ最近は忙しさに加速装置がついているのでは?というくらい。

    ご依頼頂いた作業をこなすことで精一杯!

    そんな忙しさにプラスして、日々届く各メーカーの2018モデルの完成車!!

    ドーンと

    毎週このくらいの数届くという・・・

    お店に来た方なら見たと思いますが、入り口脇に積んであるダンボールの山。

    あれの殆どが2018モデルなんですよ。

     

    このままではこのベストシーズンにニューモデルがお披露目できない・・・

     

    という訳で、仕上げはともかくどんどん箱から出すことにしました!!

    ではいきましょうか。

     

    トレック プロキャリバー8  ¥232,000(税抜)

    ワタシ的に今年のMTBでは一番完成度高いと思うバイク!

    アルミフレームにISOSPEEDを搭載し、軽量でありながら快適性も抜群に高いという贅沢仕様!

     

    普通に山道を走るトレイルライドやレースなどでは軽量なバイクに大きなメリットがありますから。

    超シンプルリアサスペンションシステムと言えるISOSPEEDは効果バツグンです。

     

    さて次です。

     

    メリダ リアクト400  ¥159,900(税抜)

    夜、閉店後に撮影したので薄暗くてスイマセン。

     

    アルミフレームでこのパイピング&美しい溶接は反則レベル。

     

    相変わらずアルミロードバイクの中ではひときわ目立つバイクですね〜。

    しかも今年のバーレーンメリダのチームデザイン。

    目立たないわけがありませんな!

    塗装もキレイなので更にヨシ!

     

     

    日をおいて

     

    ターン  クレスト  ¥51,000(税抜)

    お手頃価格なミニベロといえばこの子でしょう。

    フレーム設計はロードモデルのサージュと同等なので、カスタムして楽しんでも良いかと。

     

    2018モデルで追加になった「フォレスト」というカラー。

    深いメタリックグリーンが綺麗なんですが・・・

    写真ではちゃんと写せないのがもどかしい!

     

     

    次行くよ。

     

    メリダ  リアクト5000  ¥289,000(税抜)

    今年フルモデルチェンジを果たしたリアクトシリーズ。

    そのカーボンの中堅グレードである5000はアルテグラ+105のミックス仕様。

    高性能フレームを最大限コストパフォーマンを求めて仕上げられています。

     

    ヘッド周りが大きく形状変更され、ケーブルの取り回しがよりスッキリしました。

    CF2フレームですが、これがよく走るんだ!!

    試乗会では正直「これで良いんじゃないの?!」って本気で思いましたよ。

     

     

    ほい次行くよ!

     

    フジ  ルーベ1.3(2017)  ¥165,000(税抜) → セール中

    実はこの子、できる子なんですよ。

    残念ながらあまり注目度が高く無いのですが、最近流行りの「カーボンキラー」と呼ばれる高性能アルミフレームとして高い性能を持っています。

    フレーム重量も56cmサイズで1080gと、へたなカーボンロードよりも軽量なんです!

    コンポーネントもフル105仕様!

     

    パールホワイトのきれいな塗装。

    2018モデルはクランクがOVALになり価格が少し下がりましたが、パールホワイトはラインナップ無し。

    ちょっとセール価格で出せますので、気になった方は店頭でお問い合わせくださいね。

    当然この1台限りです。

     

     

    さらに次、次行くよ〜。

     

    ターン  ヴァージュN8  ¥83,000(税抜)

    ヴァージュシリーズの末弟。

    価格も手頃なんですが、実は大きな特徴があるんです。

     

     

    その特徴とは?

    フロントディレイラーの台座が付いているのです!

    台座がついているのはこのN8とトップグレードのX20のみ!

    走りのカスタムという将来性を持っている、素質のあるモデルですね〜。

     

     

    いよいよ本日最後!

     

    フジ  バラッドオメガ  ¥108,000(税抜)

    普段着で乗るロードバイクと言えばバラッドオメガでしょ。

    細身のクロモリフレームを全身マットブラックで統一したスタイリッシュなデザイン。

    クラシカル、とはちょっと違う雰囲気をもった特別なバイクに思えます。

     

    フジのデザインの特徴でもありますが、メーカーやモデルのロゴがステルス化されてます。

    悪く言えばブランド名等がわかりにくいとも言えますが・・・

    乗る人のファッション、存在を邪魔しないため、ともとれますよね。

    ドデカイロゴが入ったバイクもカッコいいですが、普段着で乗るにはバイクの主張が強すぎます。

    乗る人との一体感まで含めたデザインと考えると・・・

     

    もう1色のカラー「クローム」はクロームメッキ仕上げ!

    こちらはまだ未入荷ですが、届いたら速攻箱出しして紹介しますね!

    凄くエロいですからww

     

     

    と、とりあえず・・・

    仕上げはまだですが、箱から出してお披露目できるようにしました〜。

    まだ出せてないバイクもあるので、タイミングをみてどんどん出していきます!

     

     

    さ、お仕事がんばろ。

    イベント予定表も作らなきゃ・・・

     

     


    ツーリング下見ツーリング

    0

      7月5日の水曜日はお店の定休日。

       

      この日はホントはマウンテンバイクで茨城のトレイルへ行く予定でした。

      が、しかし茨城方面の前夜の台風が結構すごかったらしく・・・

      コースを痛めても良くないと判断し、トレイルライドは中止。

       

      でもせっかく走る気満々だったので、ロードでツーリングに行くことにしました。

      しかもこの日はカンパニョーロの新製品講習会のある日!

      会場も東京ビッグサイト近くだったこともあり、先月雨で中止になったロードショートツーリングのコース確認も兼ねて久しぶりの都内ライドです。

      油圧ディスクブレーキシステムの講習がメインでした。

      こういう講習会に出るのはプロショップとして大事なことです!

      (トレイルに行こうとしていただろって? よく覚えてません)

       

       

      会場は国際展示場駅近く。

      まずは荒川右岸のサイクリングロードを南下します。

      清砂大橋で土手から離れ、南砂ー豊洲を抜けていきました。

      平日はそれなりに交通量はありますが、おそらく週末はだいぶ少なくなると思われます。

      ルートの安全確認と解りやすさを考えながら走ることも下見では重要です。

       

      講習会が終わった後にお台場海浜公園へ出発。

      ヴィーナスフォートの?観覧車。

       

      少し雲は多かったですが、気温が高くて汗がじゃぶじゃぶ出てきます。

       

      お台場海浜公園到着。

      この日の相棒は「トレック ドマーネALR4ディスク」

       

      この公園はシクロクロスシーズン終盤に開催されるレースでシクロクロッサーには非常に有名な場所。

      砂浜ランニング大会なのか、シクロクロスレースなのか、私は途中で分からなくなりましたw

       

      時間もお昼を過ぎていたので公園近くのレストランでランチ。

      やっぱり肉でしょ!

       

      ツーリングの当日はそこまでゆっくりする時間は残念ながらありません(´;ω;`)

      ですが、コースを覚えて後日また行ってみるのも良いかと思います。

       

      帰りはバイクを洗車してもらおうかと思ってサンクスサイクルラボ西葛西店に寄ったのですが、あいにくの定休日。

      また別の機会に行ってみましょう。

       

      走りきってトータル走行距離は約51kmでした。

      しかし、あちこち余計な場所も走っているので当日は50kmも無いと思います。

      時間ものんびり走って1時間20分というところでしょう。

       

      久しぶりの単独ロードツーリング、とても楽しかったです。

      都内もルートを色々工夫する事で安全に走ることもできます。

      見どころも沢山あるので、怖がらずにチャレンジしてみてください。

       

      あとは当日天気が良くなることを祈るばかりですね!

       


      カフェポタのお供にどうぞ

      0

        ここのところ天気も良くてだいぶ気温も上がってきました。

        初夏の雰囲気を感じられるいい季節ですね。

         

        さて、この季節を自転車で楽しむ方法としては「ポタリング」なんていかがでしょうか。

        いわゆるツーリングの種類なんですが、言葉の雰囲気からも伝わる通り「のんびり気楽に」走る時によく使われる言葉ですね。

         

        先日も小岩店で開催したイベント「のんびりサイクリング」もポタリングと言えるでしょう。

        隅田川のサイクリングロードをのんびり。

         

        浅草寺は相変わらず賑やか。

         

        観光客でいっぱいの雷門。

         

        ウェアもサイクルジャージではなく、カジュアルな普段着で。

        バイクもロードよりはクロスバイクやミニベロ、MTBがオススメ。

         

        とにかくラクに気軽に。

        走行速度も頑張らず、汗をかかないくらい。

        だいたい20km/h出るか出ないかでしょうか。

         

        そして欠かせないのが!!

        美味しいものの食べ歩き!!

        浅草と言ったらこれでしょ!

         

        きびだんご〜

         

        走ったあとに食べる美味しいものは格別ですね。

        くれぐれもカロリーの事は気にしちゃいけませんよ!

         

         

        楽しく美味しく自転車で季節を感じながら走る。

        これが楽しいわけですよ。

         

         

        それでですね、実はこの楽しいポタリングの計画を立てる時にお役に立てる小冊子をサンクスサイクルラボで現在無料配布しているんです。

         

        こちら。

        EDOGAWA HAND MAP

        江戸川区の情報を発信している情報小冊子です。

        特に今回はカフェ特集。

         

        江戸川区内のおすすめカフェを地図と合わせて紹介されています。

        かなりの情報量。

        全て江戸川区内のお店なので、ポタリングで走るにはちょうど良い距離になるかと。

         

        そしてこの小冊子にサンクスサイクルラボの紹介が載ってるんです!

        わ〜い。

         

        お店で無料配布していますので、ご来店の際にご自由にお持ち帰りください。

        西葛西店にもありますよー。

         

        そして現在EDOGAWA Hand Mapでスタンプラリーを開催しています。

        小冊子を持って紹介されている店舗へ行ってください。

        そこでスタンプを貰って3個集めて応募すれば、抽選で素敵なプレゼントが当たるそうです。

         

        ポタリングのお供にぜひご活用ください。

         

         

         

        ※注意→→偽ポタリングの誘いにご注意ください!

        ポタリングと偽って過酷なツーリングに誘い出される悪質な犯行が行われています!

        誘い文句は「今日はゆるポタだから〜」とか「美味しいものを食べにポタリング行かない?」等。

        くれぐれもこのような誘いがあった場合は目的地と走行距離、ルートの確認をしましょう。

        甘いスイーツを目的とした甘い誘いにご注意を!

        カフェまで行くのにトータル走行距離100kmはポタリングではない!

         

         


        今後共よろしくお願いします

        0

          2017年5月3日でサンクスサイクルラボは3周年を迎えることができました。

           

          まだまだ、たったの3年です。

          ですが、私にとっては3年とは思えないほどに長く楽しい時間でした。

           

          この小岩でこれからもサンクスサイクルラボを続けられるように頑張ります。

          今後共ぜひお付き合いをお願いします。

           

           

          だいぶオッサンになりました。

           

           


          今年一年ありがとうございました。

          0

            あっという間の1年でした。

            この時期になると改めてそう思います。

             

            2016年最大のニュースはサンクスサイクルラボ西葛西店のオープンでしょう。

            オープン当日の写真。

             

            まさか支店を出すとは自分でも想像すらしていませんでしたが。

            スポーツバイク専門店の過疎地帯だった葛西周辺の皆様にご利用頂いております。

             

            沢山のお客様と一緒に色々なイベントに参加して楽しむこともできました。

            モテギ。

            天気も良くて最高でした。

             

            伊豆大島ツーリング。

            きれいな海を見ながらまったり。

             

            MTBでトレイルライド。

            ゴキゲンなコースを思い切り堪能しましたね。

             

             

            楽しかった2016年でした。

             

            そして2017年も、いつもと変わらず楽しんでいくつもりです。

             

             

            皆様、よろしければお付き合いください。

             

             


            アルミの平面仕上げ

            0

              お客様のご依頼で久しぶりの精密加工をやりました。

               

              このアルミパーツを棒ヤスリで削って

               

              こんな形に。

               

              かなりいいレベルの平面加工精度を出せました。

              紙やすりは歪みが出やすいので使ってません。

               

               

              このパーツ、元々は当店取扱いブランド「バレットライティング」のオプションアダプタ。

              ロードのキャリパーブレーキ部分でライトを固定する時に使うパーツです。

              アルミ削り出しの弾丸のようなライトで、美しい仕上げとコンパクトなサイズで人気です。

               

              丸いボディに取り付けるために合わせ面は丸くなっているのですが、今回は違うライトへ流用するために加工をしました。

               

              レザイン マイクロドライブ400XLを取り付け。

              バンドと本体の取り付け方法が偶然にもバレットライティングのボルトと同規格でした。

              バイクの中心にライトを取り付けできて、ハンドルもスッキリ。

               

              ピッタリフィット

               

              今回はたまたま取り付けができて、お客様の求める理想に近い作業ができました。

               

              加工を含めた取り付け作業時間は約30分ほど。

              工賃は車種によって違いがありますが、¥1,500〜¥3,000の範囲内でしょうか。

               

              安全性に影響を与えない範囲内であればこのような作業もお受けします。

              なにかあれば、ご相談ください。

               

               


              大人のどろんこ遊び最高ですよ!

              0

                9月末のツーリングでダメージを受けた指

                とりあえずギプスが取れました。

                まだうまく動きませんが、リハビリで徐々に回復させていきます。

                 

                まあ、とりあえずこれでマウンテンバイクに乗るのも安心です!!

                というわけで、先日27日に早速トレイルライドへ行ってきました。

                場所は茨城県の常陸太田にあるMTBの常設コース「ふるさとの森マウンテンバイクコース」

                しっかり整備されたマウンテンバイク専用コースです。

                コースはほぼドライでしたが、部分的にウェットな場所がありました。

                この日の3日ほど前に降った雪の跡ですね。

                 

                本来この27日は長野のトレイルを思い切り走る予定でしたが、現地のトレイルが雪で閉ざされてしまったため残念ながらツアーが中止になってしまいました。

                 

                ですが、よくよく考えれば次の週末は野田MTBクロスカントリーレース!

                練習ができるコチラのコースを走ったほうがレース対策が出来るので良かったです。

                 

                そんなわけで1週目はポイントごとにレクチャーをしながらゆっくり走りました。

                2周めは覚えたことを復習しながら。

                 

                難しいところは何回もチャレンジ!

                繰り返すたびに経験値が増えて上手くなっていきます。

                余裕のベテランライダーMさん!

                ファットバイクでゴリゴリ走ります。

                 

                野田のコースは決して簡単ではありませんが、ポイントを押さえておけば決して走れないほど難しくはないはず。

                このコースで事前練習したことで状況に応じた対応が出来るようになったと思いますよ。

                 

                もうね、ほんと楽しい。

                 

                と、あっちこっちで遊んでいたら、雨が降ってきてしまいました・・・

                泥でビンディングが嵌まらなくなってしまいました。

                お尻もバイクも泥だらけ。

                新車が泥まみれ(笑)

                 

                でも・・・

                凄く楽しそう!

                 

                泥だらけになりながらも、こんなに楽しい。

                大人になってからこんなに泥だらけになって遊ぶことなんてありませんよね。

                だからこそ、なんとなく懐かしい感覚を思い出して楽しくなっちゃうんでしょう。

                 

                まさに大人のどろんこ遊び!

                最高です。

                 

                泥だらけの私の新車「TREK FUEL EX9.8 プロジェクトワン仕様」

                 

                もう

                 

                このぐらい汚れている方がマウンテンバイクはカッコいい!!

                 

                と、私個人的には思っています。

                だからと言って洗車しないとレース前のメンテナンスができないのでちゃんと後で洗いますよ・・・

                 

                とりあえず次の週末にはまた泥だらけになっちゃうんですけどね。

                おそらくもっと凄くなるはず!

                 

                楽しみだなぁ。

                どろんこレースが楽しみで仕方ありません。

                 

                 


                その情報、ホントですか?

                0

                  最近の話ではありません。

                  数年前から、お客様から相談を受ける事の多い内容。

                   

                  「ブレーキがシマノじゃないから不安」だと。

                  だからあるメーカーの完成車は欲しいけど、購入をためらってるって。

                   

                  はっきり言ってしまえばシマノのブレーキはよく効きます。

                  スラムでも、カンパでも、有名なブランドのブレーキはちゃんと効いてくれますよ。

                   

                   

                  じゃあ、完成車に使われる確率の高い、いわゆる「OEM製」のブレーキ。

                  その多くの大元は一つのブランドだったりする訳ですが

                  OEMブレーキが命の危険を感じるほど効かないのか?

                   

                  確かに比べてみると、大手メーカーのブレーキと比べて絶対的な制動力は落ちることもありますが・・・

                  まずその前に

                   

                  そのブレーキ、ちゃんとセッティングされてますか??????

                   

                  ちゃんとセッティングされてなければ、有名ブランドのブレーキだって効きが良くなかったりするんですよ?

                  逆に、OEM製のブレーキだって、きちんとセッティングされてれば、普通に使えるんです。

                   

                  絶対的な、高いレベルの世界で比べれば、そりゃ違いは出てきます。

                  それは本気で走るレースの世界。

                   

                  でも、ツーリングやフィットネス、通勤・通学などでの利用であれば、OEM製のブレーキでも

                  「ちゃんとセッティングされていれば問題なく効きます」

                   

                  私も愛車のエモンダSLにはいわゆるOEM製のブレーキを使っています。

                  このブレーキの制動力に不満を感じたことは殆どありません。

                  いろいろな状況で走ってますが、普通に効くので不安を感じることが無いのです。

                   

                  つまり、走りのレベルに合わせて変えればいい部品なんです。

                   

                  それがインターネットの情報だけを見ちゃうと

                  最初から変えなきゃいけない部品だと思われたり

                  早々に変えなきゃダメな部品になっちゃってる

                   

                  おいおいおいおいおいぃ、それって販売店の罠にハマってない?

                  情報に踊らされてない??

                  使ってもいないブレーキを、一度も使わずに変えるなんて・・・

                  って、最近思うことが多いのですよ。

                   

                  最初から余計な予算を含めて車種選びをしたり、ホントは乗りたいのに外からの情報だけで不安を感じて選択する決断をできなかったり。

                  ホントにモッタイナイ!!!!

                   

                  まあ、変えればより良くなるのは確かです。

                  でも決して「変えなくてはどうにもならない」部品ではありません。

                   

                  とりあえず

                  ・ブレーキの引き代をやたらと短くしてませんか?※1

                  ・ブレーキシューの角度は適切ですか?

                  ・キャリパーのピボットのセッティングはしてありますか?

                  ・ちゃんとグリスアップしてありますか?

                  ・ケーブル処理を適切にしてありますか?

                  っていうチェックをしてみても良いかと思います。

                   

                  少なくともサンクスサイクルラボでは、新車購入時にいきなりブレーキを交換するような事例はまずありません。

                  乗りながら、必要に応じて変えることが殆どです。

                   

                   

                  変えなくてもいい部品なのに、なんだか変えなくてはいけないような雰囲気を感じてしまう・・・

                  すごく気持ちが悪いです。

                   

                   

                  もしもブレーキのグレードで購入するバイクに悩んでいるのならば

                  きちんとセッティングしてくれるお店選びで悩んでください。

                   

                  まあ

                   

                  サンクスサイクルラボならばその辺もキッチリ仕上げてますけどね!!!

                   

                   

                   

                  ※1

                  短すぎる引き代はなんのメリットもありません。

                  ある程度長い引き代が長いほうがブレーキコントロールには有利になります。

                  詳しくは店頭で質問してください。

                   

                   


                  | 1/7PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  2627282930  
                  << November 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM