走る姿を見てみたいバイク ミヤタ イタルスポーツ

0

    写真を撮る場所にコダワリたかった・・・

     

    でも

    このバイクを早く紹介したかったので。

     

    MIYATA ITALSPORT   ¥128,000(税抜)

    背景がモッタイナイ

     

    なので、アップの写真をメインで。

     

    ミヤタのオリジナルクロモリパイプ「SSTB」を採用していてこの価格。

    フレーム精度も高く、組み立てしやすかったです。

     

     

     

    メインコンポーネントはティアグラ。

    いわゆるOEMパーツはどこにもありません。

     

    ハブもシマノのRS400シリーズで回転もスムーズ。

    この価格帯はハブベアリングのグレードがとても低い場合が多いですが、それもナシ。

     

    こちらは落ち着いたカラーのポーラーシルバー。

    少し主張の強いクリムゾンレッドもラインナップにあります。

     

    ヒジョーにカッコいい。

    ぜひ店頭で実車を見てください。

    この価格帯のレベルを超えているバイクです。

     

     

     


    ターン リベットをちょっとだけカスタム

    0

      ターンのクロスバイク「ROJI BIKES」シリーズの「RIVET(リベット)」

       

      クロモリフレームにピスト風ハンドル+ディープリムというかなり尖った仕様がカッコいい。

       

      ピスト風ハンドル

       

      Tern リベットについての詳細はこちらを御覧ください。

      ホームページ

       

      確かにカッコいいのですが・・・・

      クロスバイクとして利用するには・・・

       

      ハッキリ言ってハンドル握りにくい!!!

       

      カッコいいんですけどね!

       

      なので、そのカッコよさをなるべく削らずに使いやすくしてみました。

       

      ブルホーンハンドルバーへ交換。

       

      ちゃんと手を置いて休めるし、バーの先端を握れば結構なスピードで走ることもできちゃいます。

      シンプルなリベットの良さを十二分に味わえるかと。

       

      サンクスサイクルラボではご希望の方にはこの仕様で販売します。

      価格は据え置き¥69,000(税抜)で。

       

      元のハンドルバーも必要であればお渡ししますよ。

       

      店頭の展示車で確認してくださいね〜。

       

       


      嫁婿セール対象なのはこの子達だ!!

      0

        ガーッと行きますよ!

        価格はお店で聞いてくださいね。

         

         

        リドレー フェニックスAL レトロカラー XSサイズ ¥199,800(税込)

        限定品のアルミロード 105仕様

         

        リドレー X-FIRE 50cm フレームセット ¥208,440(税込)

        ディスク用シクロクロスバイク

         

         

        メリダ ライド400 54cm  ¥156,600(税込)

        アルミロードの定番モデル ランプレ・メリダチームカラー

         

         

        ミヤタ エレベーションSC 56cm ¥246,667(税込)

        ミヤタのレース用クロモリロード 5700の105 10s仕様でサイズ大きい(トップ長600ミリ)!

        なので、このモデルについては価格書いちゃいます。

         

        ¥100,000(税込)で。

        ☆めでたく嫁入り先が決まりました!メデタイ!!

         

        185cmくらい身長ある方向けです〜。

         

         

        LOOK 675エアロライト Mサイズ  ¥518,400(税込)

        アルテグラの完成車仕様。

         

        LOOK 695ZRフレームセット Sサイズ  ¥464,400(税込)

        ノーマルで普通のクランクが使える仕様になっています。

         

         

        よろしくお願いします!

         


        また出た! スピードプレイの限定カラー

        0

          復活再生産だよ!!!

           

          またスピードプレイの限定カラーモデル、登場です。

           

          SPEEDPLAY ZERO STAINLESS  マリア・ローザピンク ¥22,800(税抜)

           

          ジロ・デ・イタリアのリーダージャージのピンクに合わせて作られたカラー。

           

          限定品

          ですから。

          お解かりですね?

           

          お・は・や・め・に。

           

           


          ようやく組めました!2017リアクト400

          0

            ずっと箱に入ったまま・・・

            ではお店的にも非常に良くないので、意を決して?仕上げました!!

             

            メリダ  リアクト400  ¥159,900(税抜)

             

            お客さん、これ、アルミフレームなんですぜ?

            メリダさんのアルミ加工技術アピール用のバイクじゃないのって言うくらい、複雑な造形です。

            言われなければカーボンかと思ってしまうかも。

            溶接もキレイに処理されてますし。

             

            コンポーネントは105を採用。

            ホイールはメリダのオリジナルでハブはシールドベアリング仕様。

            決して軽量ホイールではありませんが、回転性能は思いの外良いので当面は問題なく使えるでしょう。

             

            リアブレーキはBB下でダイレクトマウント。

            メンテナンス性は良いとはいえません。

            が、エアロロードバイクとしてこの仕様を選ばない理由は無いでしょ!

            まあ、メンテナンスはコチラにお任せいただければ心配する必要はありませんから。

             

             

            カーボンシートポストです。

            昨年までのモデルとはサドルの固定方法が変わっています。

            簡単に調整できるようになったので非常にありがたい!

             

             

            同価格帯のアルミロードの中でもヒトキワ目を引くバイクであることは間違いないかと。

            見た目から想像するほど乗り味は固くはありませんでしたよ。

            ツーリング用、というわけにはいかないかもしれませんが、レーサーとしての性能は持っています。

            ランプレ・メリダの選手たちもリアクトシリーズを気に入って主力として使っていました。

             

            初めての1台としても十分楽しめます。

            そして本気で走っても面白いバイクですよ!

             

             


            COOOOOOL!!! FUJI TRACK ARCV入荷

            0

              このバイクには小難しい説明は必要ないでしょう。

               

              カッコいい。

              それだけです。

               

              フジ TRACK ARCV(トラックアーカイブ)   ¥84,000(税抜)

              シングルスピードのシティライド用トラックバイク。

               

              もう、私の世代だとこの素材感に一発でやられちゃうんですね。

              アルミ素材にヘアライン加工をしただけ。

              当然クリアー仕上げはしてあるので簡単には錆びたりしませんからご安心ください。

              相変わらずシンプルなメーカーロゴです。

               

              トラックバイクなのでハンドルもそれ風。

              ブレーキはちゃんと前後に付いてますよ。

              ※通常はバーテープが巻いてありますが、あえてこの子には巻いてません。

               

              シングルスピードですが・・・

              ※ペダルは付属しません

               

              標準でトラックコグ、いわゆる固定ギアになります。

              慣れが必要なので、この点についてはご注意ください。

               

              しかし反対にシングルフリー用のネジも切ってあります。

              オプションとなりますが、より気軽に使いたいならばシングルフリーをオススメします。

               

              シンプルな構造にシンプルなデザイン。

               

              カラーはアルミの他にマットブラックもラインナップ。

              近々サンクスサイクルラボ小岩店にも入荷予定です。

               

              現在店頭に用意したこのバイクは試乗車になります。

              私が乗るために用意したのでサイズは56cmで大きいですが・・・

              よろしければ乗りに来てください。

              ちょいちょいカスタムしてお待ちしております。

               

               


              レーシングミク HMR-700乗ったよ!

              0

                先日届いて走行会や通勤で乗ってみました!

                まだそれほど長い距離ではありませんが、性格はちょっと解ったので軽くインプレッション。

                 

                まず初めに、私が選んだ仕様は105コンポーネントセットの完成車です。

                フレームセットにパーツを組み込むよりも、完成車の方がかなりお得です。

                 

                よく合計金額をフレームセット+コンポーネントセット+ホイールだけで考えてしまう方がおりまして・・・。

                その他に細かいパーツが

                ・ハンドル

                ・ステム

                ・ヘッドスペーサー

                ・バーテープ

                ・シートポスト

                ・サドル

                ・タイヤ

                ・チューブ

                ・リムテープ

                ・ペダル

                等などが追加で必要です。

                この辺りの細かいパーツを色々計算していくと・・・

                完成車のお得感が際立ってきますね。

                もちろんお手元に余っているパーツがあるとか、どうしてもこのパーツで組みたい!と言うご要望があればフレームセットを選んだほうが良いですよ。

                 

                私は基本仕様から

                ・ホイールをシマノ WH-RS010 → ウッドマン ロンドAC に変更

                ・ステムを FSA ゴッサマ 120ミリ → ボントレガー レースXライトステム 100ミリに変更

                ・シートポストを ノーブランドアルミ → ウッドマン ポストSL ピンク に変更

                この3点を変更しました。

                 

                ではでは走ってみた!

                まずは荒川の河川敷へ。

                お店から荒川までの一般道では、今まで乗ってきたアルミバイクと比べて殆ど違いを感じません。

                一番最近乗っていたトレック エモンダALRです。

                スタートもスムーズですし舗装の凹凸を越えた時の振動の伝わり方も割とソフト。

                いわゆる古いアルミフレームのイメージである「硬さ」は殆ど感じませんでした。

                やはり最近のアルミはどんどん性能良くなってるから、もうアルミは硬い!というのは古いでしょう。

                 

                 

                荒川に到着して首都高速の下のコースをまずは海に向かって南下します。

                この道は人も少なくて幅も広いのである程度速度を上げて走るのにはちょうど良いのです。

                 

                だいたい30km/h弱ぐらいのペースを維持しながら走りました。

                ペダリングでバイクがブレるような挙動もなく、やはり路面からの振動も強く伝わってきません。

                車線変更でバイクを倒す時も狙ったラインにスムーズに乗れます。

                 

                 

                折り返して北上する時、集団の前に出るため速度をぐっと上げてみました。

                この時の感覚としてはごく微妙ですがエモンダALRの方が反応が良いように感じました。

                とはいえ水門を越える登りで踏みつけるようなペダリングをしてももたつく感じはありません。

                 

                 

                北上して折り返し地点の休憩中に、土手に対して真っ直ぐ斜面を登ってみました。

                歩行者の方が使う階段の端っこ、コンクリ舗装されているところです。

                 

                軽いギアから低速でペダリングに注意しながら、前後タイヤにかかる荷重をコントロールして登ります。

                道幅は約30cmくらいしかないので、左右のバランスを低速でとらなくてはいけないので意外と難しいです。

                 

                要はトルクをある程度かけながら低速で登るので、バイクが持っている安定感みたいなものを試すことができます。

                結果的にはとてもスムーズに登れました。

                ペダルにかけたトルクがタイヤに伝わって、グリップしている感覚が良く分かります。

                ハンドル周りの不安定さもないのでふらつくこともありませんでした。

                 

                登ったら同じ所を下ります。

                ただ下るのではなくて、できるだけユックリ。

                フロントブレーキもしっかり効いていて、コントロールに不安がありません。

                 

                 

                帰りは試しに思い切り踏み込んでみました。

                高速状態でもハンドルに不安さはなくて思い切り踏めました。

                加速の良さはホイールの性能が大きく関わっているとは思いますが、かなり良し。

                ガッツリ踏んで加速している時はエモンダALRの方がガッチリしていると思います。

                それでも重い感覚はなくて、ねじ切りBBを採用している事を考えれば十分ではないでしょうか。

                 

                 

                その後の通勤でも普通に乗りやすく、最近の高性能アルミバイクとの性能差はそれほど大きく感じませんでした。

                 

                 

                という訳で私の感覚としては、HMR-700は

                 

                十分な性能を持った最先端アルミロードレーサー

                 

                と言えるでしょう。

                 

                確かにもっと性能の良いアルミバイクはありますよ。

                私はエモンダALRと比べましたが、やはりトレックの開発力の凄さを改めて感じる部分もありました。

                 

                でもこのHMR-700は、他のブランドのアルミバイクと性能を比べる事よりも・・・

                 

                グッドスマイルレーシングを応援したい!

                レーシングミクのデザインがされていてカッコカワイい!!

                できるだけ目立ちたい!

                ※乗っている人が圧倒的に少ないという強み

                単純にデザインが良い!!!

                ちゃんと今年のレーシングミクのコスチュームイメージが取り入れられている!!!

                って所が重要でしょう。

                (あれ?デザインの事ばかり???)

                 

                その上で性能がちゃんと良いのですから、このバイクを選ばない理由は無いです。

                 

                上の写真だと大事なデザインがちゃんと見えないのですが、実車はかなり綺麗です。

                サンクスブログのHMR-700が届いた時の写真をご覧ください。

                コチラをクリック!

                 

                サンクスサイクルラボの店頭ではいつでも実車を見て頂けるようにしています。

                 

                そういえば・・・

                HMR-700をご予約頂くとレーシングミクファンには嬉しい特典が予定されています!!

                部屋に飾る時により一層嬉しくなる特典になる予定だそうです。

                 

                良いバイクなので今後色々ツーリングやレースなどでも乗りまくりたいです。

                今年のモテギはHMR-700にディスクホイールだな!!

                 

                 


                Tern Surge Ltd 予約受け付け中

                0

                  問い合わせが多くなってきましたので。

                   

                  今一番アツいミニベロといえばコレでしょう。

                   

                  Tern SurgeLtd.   ¥198,000

                  ※価格は全て税抜です。

                   

                  ターンのクロスバイクシリーズのミニベロ。

                  RIPのフレームデザインを取り入れた特徴的なフレームワークが目を引きます。

                   

                  そのサージュにシマノ105コンポーネント+カーボンバトンホイールを組み合わせた限定版。

                  それがこのリミテッドモデルです。

                  リミテッドなだけに、先行予約分以上の入荷がありません。

                  サンクスサイクルラボではなんとか

                   

                  2台

                   

                  確保しました。

                   

                  入荷の時期は恐らく11月頃で、状況によってはもう少しかかるかもしれません。

                  それでも良いという方は早めに予約をお願いします。

                   

                  相変わらずですが、店頭にご来店頂いた方を最優先します。

                  電話やメールでは予約受け付けいたしません。

                   

                  正式な予約として前受金10,000円のお支払いをお願いします。

                   

                   

                  これカッコイイからなぁ・・・

                  私も欲しいんですよね〜。

                  ノーマルのサージュにバトンホイールを後で装備したら

                  カーボンバトンホイールセット  ¥96,000

                  サージュ  ¥89,000

                   

                  で、¥185,000になるんですよ。

                  105のコンポーネントは・・・

                  残り1万円ちょっとじゃ付かないなぁ・・・。

                   

                  やっぱりリミテッドを選ぶのが一番ということか。

                   

                   

                  上に書いたサージュリミテッドに装備されるカーボンバトンホイールは単品販売もされるんですよ!

                  仕様がいくつかあります。

                  ・クリンチャー仕様

                  ・ホイールサイズは451と406

                  ・フロントは100ミリと74ミリがラインナップ

                  ・451サイズはディスクブレーキ対応モデルあり(リア取り付け幅は135ミリのみ)

                  ・11速対応

                   

                  フロント  リムブレーキ   ¥46,000

                        ディスクブレーキ ¥52,000

                   

                  リア    リムブレーキ   ¥50,000

                        ディスクブレーキ ¥56,000

                   

                  カスタムにいかがでしょうか。

                  フルカーボンなのにかなり魅力的な価格。

                  こちらの入荷数もそれほど多くないようなので、気になる方は早めのご検討を。

                  入荷時期は2017年の1月ごろです。

                   

                  SurgeLtdが〜

                  欲しいなぁ〜

                  予約分の1台を自分用に〜

                  してしまいたい欲求を〜

                   

                  どうしよう??

                   

                   


                  | 1/6PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << May 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM