そろそろ”ちょうど良い”グローブ ADEPTのグローブ

0

    やっぱり春は少しずつ、少しずつ近づいてきています。

    ここ最近は昼間ならばそれほど厚着をしなくても良いほどに温かい日もあったり。

    でも、日が落ちるとぐっと気温が落ちて冬の寒さを再確認したり・・・。

     

    この季節はサイクリストのウェア選びの悩ましいタイミングでもありますね〜。

     

    バッチリサイクルウェアを着込んでいる方であれば、とりあえず自転車を楽しんでいる方々の中でも一番多い用途は「街乗り」だと思います。

    今回は街乗りでの利用にちょうど良いグローブをご紹介しますね。

     

    ADEPT(アデプト)  ドライニットエッセンシャルグローブ  ¥4,200(税抜)

    スポーツバイク用デース!!

     

    っていう主張が殆どありません。

    カジュアルライドにはやっぱりこのぐらいのデザインの方がいいですよ。

     

    でも生地は裏起毛されていて程よく暖か〜。

     

    そしてバイク用グローブとして重要な、ここの補強はしっかりしています。

    親指の付け根。

    ドロップハンドルにしても、フラットバーにしても、この部分はハンドルを支えるための重要な場所。

    これがない普通のグローブは、ココから傷んできます。

     

     

    そして手のひらにはクッションがしっかり入っています。

    滑り止めの加工も。

    長時間のライド、しかも緩い姿勢で乗る時にはこういうクッションの有る無しが手の疲労に差を生みます。

     

     

    そして最近のグローブにはこれが無いと!!

    スマホ対応の指先!

    止まって地図を確認したり、調べごとをする時にいちいちグローブ取るのって面倒くさい。

    メールを打ったりする場合には素手に比べれば多少操作性は劣るでしょうけど・・・

    そういう事は降りてからゆっくりやってください。

    信号待ちでちょっと操作したい、そんな時ならこれで十分です。

     

     

    ちょっとカジュアルに使えるグローブ。

    春先まで使えるような生地の厚さなので、結構重宝するアイテムだと思いますよ。

     


    高性能なハブと言えばGOKISO! ゴキソ取扱いしてます

    0

      抜群の回転性能の高さから、有名選手も使っていて知名度は高いと思います。

      そして同時に超高級ハブとしても有名なブランド

      それがGOKISO(ゴキソ)でしょう。

       

      サンクスサイクルラボでも取扱いしていまして、先日もオーダー頂きホイールを仕上げました。

       

      GOKISO ワイドフランジハブ  ¥210,000(税抜)

       

      徹底した回転性能の追求から生まれた製品。

      ジェットエンジンの部品などの製造を通常業務としている近藤機械製作所が作り出した、自転車部品としては規格外の精度を持ったハブであることは間違いありません。

       

      このハブを使ってホイールを組み上げました。

      それがコチラ。

       

      ボントレガー アイオロス5クリンチャーのリムを流用しています。

      もともと高性能なアイオロス5ですが、このホイールの更なる性能アップをお客様はご希望でした。

      スポークはサピムのCX-Rayです。

       

      このリム自体非常に頑丈なリムなので、スポークテンションは高めにできました。

      ゴキソのリアハブはフランジ幅が狭いので、ある程度テンションを上げておかないと横剛性の弱いホイールになってしまいます。

      そのため、軽量化に特化したリムはスポークテンションが上げられない物もあるため、組み合わせの相性が良くないのでは。

       

      そして装備したバイクがコチラ。

      トレック マドン9です!!

      エアロロードの決定版とも言えるこのバイク。

      高速域での性能をどこまで底上げできるか。

       

      そしてお客様がこのホイールを装備してイベントレースに参戦されました。

      場所は千葉県の成田市にある下総フレンドリーパーク。

      専用コースを使ったエンデューロ3時間ソロで実際に使用された感想を知らせて頂けました。

      まず私が心配していた剛性については殆ど問題なかったようです。

      コーナーでも安定していてラインどおり走れたし、加速の時ももたつく感じは無かったとの事でした。

      回転の軽さも体感していただいたようで、高速時のスピード維持にメリットを感じて頂けました。

       

      レベルの高いレースだったようなのですが、ゴキソハブの性能が武器になる!と喜んで頂けました。

       

      ゴキソのハブは長時間高い速度を維持するような用途に向いているのだと思います。

      回転性能が高ければロスするエネルギーも少なくなりますから。

      トライアスロンにも良さそうですね。

      逆にクリテリウムでテクニカルなコースだと、その回転性能を活かす事が難しいかも・・・。

       

       

      つまり・・・

      ゴキソのハブは高いです!

      気になってるからちょっと使ってみようかな?というほど気軽に導入するという訳にはいかないと思います。

      ただ、そこには値段の理由=価値があるようです。

       

      気になっている方、新しいホイールを買う前にちょっと検討してみてはいかがでしょうか。

      今回のような組み方も状況によってはアリなので、ご相談ください。

       


      シクロクロス用ワンピースジャージ入荷!!

      0

        明後日の茨城シクロクロスに間に合った!!

        バレットさん、無茶なお願いに答えていただきありがとうございました!!

         

        バレット オーダーウェア シクロクロス用ロングスリーブワンピースジャージ  ¥26,800

        ※このオーダージャージは今回特別に作っていただいたアイテムとなります。

        ※現時点では通常オーダーできるものではありませんので、ご了承ください。

         

        とりあえずサンクスサイクルラボでテストする、という事ですね。

        具合を見て、もしかしたらラインナップに加わるかも・・・?

         

        とりあえずご紹介しましょう!

        シクロクロス用としてオーダーしたポイントがコチラ。

        腰から上はレーシングパンツに使われる素材「アイズカット」。

        伸縮性が高く、素肌のように体にフィットするのが特徴です。

        そして腰下はウィンタータイツに使われる「ヒートキャッチ」。

        裏起毛されており、保温性の高い冬用ウェアの素材です。

         

        なぜ上下で素材を分けるのか?

        シクロクロスでは腰下はペダリングによる動きを妨げずに防寒をしなくてはなりません。

        しかし重ね着をしたり、素材に防風性をもたせると足の動きを邪魔してしまいます。

        バレットのヒートキャッチは冬用の生地としては若干薄めですが、保温能力が非常に高いのです。

        そのうえ非常に伸縮性が高くてフィット感が抜群なんです!

         

        そして腰上に防寒性能を持たせていない理由は、状況に合わせてアンダーを組み合わせて対応するため。

        腰下ほど激しい動きがありませんので、アンダーウェアの重ね着をしても邪魔になりにくいのです。

        例えば雪が降るような寒さであれば防寒性能の高いアンダー。

        例えば気温が10°を超えるような気温であれば、少し薄手の冬物か夏用アンダー。

        春先ならば、このワンピースジャージのみでもOKでしょう。

         

        真ん中にある縫い目で素材が別れています。

        画像クリックで拡大していただくと生地の違いがわかりやすいです。

         

        背中にはポケットが2つ。

        シクロクロスを主な目的として制作して頂きましたが、普段も使えたほうがいいでしょ?

        レースに参戦する時も、車のカギなどの保管場所に困ることもあるかと。

         

        そしてバレットのワンピースの重要ポイントがこちら!

        ストレッチファスナー!

        なんとファスナー自体に伸縮性があるんです!

        YKK製の、まだ世に出て間もない製品とのこと。

        このお陰でワンピースのフィット感が最大限発揮されるのです!!

         

         

        先にも書きましたが、今回はテスト的な製品になるこのシクロクロス用ワンピースジャージ。

        色々な状況で着て試してみたいと思います!

         

         


        | 1/135PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << January 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM