見えないところで・・・ もうダメだ!!ってなってる

0

    そう、それは見た目では判断がとても難しい・・・

    開けてみて、初めて気がつく事がほとんど。

     

    それはハブの中身、つまりベアリングの状態です。

    特にシールドベアリングを採用している場合は完全にダメになるまで気が付かなかったりします。

     

    実は現在フルオーバーホールでお預かりしたバイクのハブがそんな状態でした。

    ぱっと見た目はとてもキレイ。

    メンテナンススタンドに設置した状態では非常に軽くホイールが回ります。

    そう、メンテナンススタンドの上では。

     

    では中身はどうかと言えば・・・こんな状態でした。

    ちょっと分かりづらいのですが、半分だけオレンジ色の部分はウェスでサビを拭き取った所。

    そしてベアリングの内側のリングがサビで真っ黒に変色しています。

    そのためベアリングとシャフトがサビで接着されてしまい、まっっっったく抜けませんでした。

     

    フリーボディをなんとか外した後のシャフトがこちら。

    古いグリスや簡単に取り除けるサビをクリーニングした状態です。

    黒く変色しているのはベアリングのサビが移ってしまったところです。

    パーツクリーナー程度では落とすことができません。

    黒い帯のようになっている所が固着していた場所。

     

    このままでは新しいベアリングもうまく入らないのでクリーニング。

    キレイになりました。

     

    が・・・

    若干ですが、表面はサビの影響で荒れてしまいました。

    とはいえ、おそらく今後の使用に影響が出ることはない程度ではありますが。

     

    そもそもこのホイールはこのようなサビが発生しやすい組み合わせでもあります。

    原因の一つは「異種金属接触腐食」という現象

    詳しくはグーグルで検索を。

    簡単に言えば、違う金属同士をくっつけると錆が発生しやすくなる現象です。

    このホイールはアルミ製のシャフトと鉄製のベアリングが結構な圧力で組み合わさる状況ですから、この現象が発生しやすいと言えます。

    シャフトの表面処理の問題も大きいでしょう。

     

    もう一つの原因は使われているベアリングの構造によるモノです。

    実は使われているベアリング全てが防水防塵性能の若干低い「片面非接触型ゴムシール」タイプとなります。

    これもどういうものかと言えば、防水防塵のためベアリングの両面に付いているゴムカバーが片側のみ性能の低いモノになっているのです。

    こちらの写真は全く同じベアリングの表と裏。

    オレンジ色がシール性の高い「接触型ゴムシール」、黒が「接触型ゴムシール」です。

    この違いについての詳しい情報はやはりグーグル先生へ聞いてくださいw

     

    接触型ゴムシールは防水防塵性能は高いのですが、回転は重くなります。

    接触型ゴムシールは防水防塵性能を犠牲にする代わり、回転が軽くなります。

    自転車のホイールの場合、できる限り軽く回転してほしいので、片面だけ非接触型ベアリングを採用するブランドも多いのです。

    接触型ゴムシールの側を汚れの入り込みやすい外側へ向けることで耐久性を確保しています。

     

    とはいえ・・・

    非接触型ゴムシールは外からの汚れも入りやすいですが、中のグリスも抜けやすいんですね〜。

    ですからどちらにしても寿命が通常のベアリングよりも短くなるので、ホイールのように高負荷・高回転になるモノへ使用する場合は定期的な交換がどうしても必要になってしまうのです。

     

    ベアリングのシールを外してパーツクリーナーをドバーッと吹くと

    赤い錆が染み出してきます。

    まだ症状が軽い方ではありましたが、せっかくのフルオーバーホール作業なので気持ちよく交換させていただきました。

     

     

    このように外から見えない部分でも部品の劣化は進んでいます。

    多くの人は完全にダメになって症状が発生してから、初めて異変に気がつくことになるでしょう。

    その頃には小さい部品の交換だけに留まらず、もっとたくさんの部品の交換と手間、時間がかかってしまうかもしれません・・・。

     

    それを防ぐためには定期的な点検と状況に合わせた頻度でのオーバーホール作業を実施してください。

     

     

    参考までに、オーバーホールの頻度を書いておきますね。

    ツーリング、サイクリングで週末だけ乗るという人ならば2年に1回ほどで良いかもしれません。

    通勤・通学でかなり高い頻度で乗るならば1年に1回!が理想です。

    レース等の練習・本番で乗っているのならば半年に1回でしょう。

    特に競技として自転車を利用しているならば!

    機材トラブルで結果を失うなんていうのは絶対避けたいでしょ?

    定期的なメンテナンスで防ぐことができるのですから。

    負けた言い訳を機材のせいにするのはちょっと恥ずかしいですよ。

     

    ご注意いただきたいのは、上に書いた頻度はあくまでも「参考」程度です。

    ライダーの体格や性別、乗り方、テクニックでもかなりの差が出ます。

    雨の中を走ったのであれば、頻度はぐっと高くなるかもしれません。

    定期点検の頻度でも変わりますし、使っているケミカルの種類によっても違います。

     

     

    ご自身のバイクの状態がどうなっているのか気になる方は、ぜひサンクスサイクルラボへお持ち込みください。

    状態を隅々チェックして、最適なメンテナンスメニューをご提案します。

    当店販売車両ならば、点検メニューの「ライトメンテナンス」が生涯無料です!

    遠慮なくお持ち込みくださいね!

     

    もちろん他店購入のバイクでも全然大丈夫ですからお持込ください!!

    スポーツバイクならばどんなブランド、車種でも分け隔てなく対応させていただきます。

    料金割り増しなんてありえませんw

    ママチャリだけは対応できないのでご了承ください〜。

     

    いつでもキレイで調子のいいバイクのほうが走る気持ちよさも満足度も高くなるはず。

    少し愛車の状態を気にしてみてくださいね。

     

     


    筑波山岳ツーリングに行ってきました。(不動峠・朝日峠・風返し峠)

    0

      第4火曜日は定休日ですが、祝日と重なったため筑波山岳ツーリング開催しました。
      ご参加下さった皆様ありがとうございました。

       

      イベント告知の際は
      〇走行距離40〜60kmくらい
      〇ヒルクライム成分多め
      ☆少しはヒーヒーいえるような坂
      ☆頑張ればだれでも登れるようなところを選定
      ◎早い遅いは一切問わない


      こんな言葉でお誘いをかけたところ総勢10名と大所帯になりました。

      実際に決めたルート
      〇メイン40/サブ20劼離魁璽垢鰺儖奸時間/体力に余裕があれば60卅っちゃおう!
      〇体を温めてから登りに入りたいので、最初に5劼曚匹諒臣海鮴瀋
      ☆かりんとう饅頭が食べたい
      ☆ミッドクリークフィッシングでハンバーガーを食べたい

       

       

      おはようございます♪

      石岡市の朝日里山学校を拠点に走ります。
      現地集合組と9時に待ち合わせです。

      雲一つない快晴!とても気持ちいい朝です。
      心配していたほど寒くなく、一安心。

      各自、着替えを済ませ装備の確認をし準備を整えます。

      今日も安〇さんはとても笑顔です。

      準備も終わり、注意点など簡単に説明してスタートです。
      先ずは体をほぐして、温めるためにフルーツライン(県150号線)を淡々と軽いギアでくるくる漕ぎ進めます。

       

      信号もほとんどなくあっという間に登りの手前まで来てしまいました。
      ご期待に応えるべく一本目の登りは風返し峠!
      笠間つくば線(県42号線)を登っていきます。

      最初はちょっとキツイナァくらいだった登りも
      あっという間に本日最大斜度を迎えます。
      元気だった安〇さんもこの後ろ姿。


      この先の事を考えてセーブしているようです。

      ところで、途中にあった湧き水”紫賓水”
      その時は読み方が不確かでしたが”しひんすい”だそうです。


      いったん止まって手を濡らし喉を潤しました。
      とても気持ちよかったです。

       

      にしてもMADONEはカッコいいですね。

      大変ながらも皆、笑顔?で登っていきます。


      時々路肩の障害物を避けながら進んでいきます。

      アスファルトの路面が途中からコンクリートに変わります
      =勾配がきつくなる!!!

      こんな感じ↓、つづら折りの道が左右でこんなに高低差があります。


      ソンナノキイテナイヨ

       

      風張峠を登りきるとそこは五差路です。
      四本はココまで登ってくるための道。
      あと一本はココから登る道。

      ということで筑波山ロープウェーのガマさんを目指し登ります。


      先ほどの笠間つくば線がキツカッタためか楽に感じます?
      楽に感じる、楽しかったと、皆口々にいいます。

      程度の差はあれど、”最初に最大勾配の坂”悪くないかもしれません。

      そして頂上のガマさんの前で集合写真をパシャリ♪

      かりんとう饅頭を目指し一旦下ります。


      できたばかりかほんのり温かく、餡の甘さとサクサク感で幸せになりました。

      おなか空いていたため、撮るものとらず食べてしまいました。

      かりんとう饅頭→沼田や本店いばナビHP

       

      リンリンロードを一瞬走ったり

      田畑の間を縫うように抜けて〜(^^♪

       

      高床式倉庫を眺めて

       

      そして
      不動峠へ

      のんびり登ろうと思っていたら後ろから『12分!!』と檄が飛んできますww


      トリアエズ真剣に走ります13分?くらいの様でした。
      路面はぼちぼち悪いですが斜度は比較的一定で
      走りやすい、登る練習に向いている感じがしました。
      真面目に登ったので写真がありません。

       

      そこから朝日峠を抜けて

       


      遅めのランチ♪
      ミッドクリークフィッシングのダブルインパクトバーガー

      ミッドクリークフィッシングHP

       

      前回はバンズ不足で注文できなかったダブルインパクトバーガー
      二回目にしてありつくことができました。

       

       

      食べ終えて14:30だったのでここでタイムアップ。

      朝日里山学校に戻り解散としました。

       

      今日のコース↓

       

       

      今後のイベント予定はコチラに随時アップしていきます。

      小岩・江戸川区・23区東部でマウンテンバイクの得意なお店といえば!

      0

         

        かなり挑戦的なタイトルですが。

        ご購入相談、持ち込みバイクのメンテナンスをする機会が非常に多いので書いてみました。

        ただ、走れればいいメンテナンスではなく安心&安全に走行でき、

        更にオフロードを楽しく走るためのバイク販売、メンテナンスを行います。

         

        もちろん、これから始めたいという方のお手伝い是非させてください。

        まだ走った、やったことのないスポーツで適切な物(自転車)選びは、WEBを見ていてもなかなかわからないものです。
        「トリアエズ聞キニ来タ」もOK!
        ‘’こんな自転車’’や‘’こんな所‘’走ってみたいなんて思い描いているものがあればぜひお聞かせ下さい。
        最近はYoutubeの動画を見せて頂くこともシバシバ。。。

         

        ということで、

        小岩・江戸川区でマウンテンバイクが得意なお店といえば!

        サンクスサイクルラボ小岩店ですね!

        店主の山本、スタッフの田口両名とも自転車フリークで更にマウンテンバイクをこよなく愛しています。
        今日はイベントの紹介です。
        1.定期開催イベントについて
        2.各種イベント紹介
        などなど書いていきますね。
        最近は店頭にずらりとマウンテンバイク増殖中です。
        山(トレイル)が近くにあるわけではないので、
        毎週開催というわけにもいかないですが定期的にマウンテンバイクのイベント開催しています。
        お手軽MTB&グラベルライド(主に江戸川河川敷)
        筑波方面のトレイルライド
        この2つは季節問わず通年イベントとしています。
        更に他にもあります!!
        トレイルガイドツアー参加
         ex. トレイルカッター(長野)、ヤマブシトレイル(伊豆)、など
        ダウンヒルコース遠征
         ex.白馬岩岳MTB PARK、冨士見パノラマ、など
        イベント参加(2020年予定・随時更新)
         3月29日ふるさとの森MTB耐久エンデューロ―
         8月1-2日開催シマノバイカーズフェスティバル
        ちなみに2月は新規ルートの開拓として23日に西東京方面のトレイルに行きます。
        それはコチラ↓イベントページより抜粋。

        ●2月23日(日)  MTBトレイルライド 西東京トレイルへ イベント定休日

        本格的なトレイルライドを体験してみませんか。

        今回は西東京にお住まいの方に案内をお願いして、我々が走ったことのないトレイルへお邪魔お邪魔させてもらいます。

        距離は35km程と少し長めを予定しておりますので、ある程度経験値のある方向けのライドですね。

        eMTBをお持ちの方ならばこのぐらいの距離でもかなり余裕を持てるので、大活躍してくれますよ!

        経験者の方は長く、存分にテクニックを楽しめるコースになります。

        本題はイベントのお誘いです。
        昨年も参加した、2つのイベントに今年も参加します。
        もちろん対策練習会も随時開催していきますのでお気軽に店頭でお声かけ下さい。
        ☆SDA王滝
         5月23-24日開催のセルフ・ディスカバリー・アドベンチャー・イン王滝
         この大会は長野県王滝村で開催される大会です。
         普段は入ることのできない林道をメインに20/42/100劼良門に分かれて行われます。
         マウンテンバイクの中ではマラソンといわれる部類で旅の様なものです。
         ・20〜100劼筏離ごとにクラス分けされているので初心者の方でも完走を目指して挑戦できます。
         ・まだMTBをお持ちでない方もまだ間に合う!
         ・何か新しいことにチャレンジしたい!
         ・自分の限界に挑戦してみたい。
          と思う方はぜひ一緒に挑戦してみませんか〜
         もちろん、もうすでにマウンテンバイクお持ちの方は一度はぜひ出場してみましょう
         公式HP→SDA王滝 2月8日(土)からエントリー開始です
        ☆XTERRA JAPAN 丸沼
         9月20日開催’予定’のエクステラジャパン丸沼
         トライアスロンのオフロード版というとわかりやすいでしょうか?
         3種複合アドベンチャーレース、いうなればアドベンチャートライアスロン
         ・メインレースのエクステラ透明度抜群の綺麗な水に恵まれた丸沼を泳ぐスイム、湖畔や片品村の大自然の中を駆け巡るマウンテンバイク×トレイルランニング
         ・他にもスイムが苦手な方向けのマウンテンバイク×トレイルランニングのデュアスロン
         ・ランだけのトレイルランニングなどもあります。
         昨年世界初開催だった”E"Bikeエクステラも開催か!?
         公式HP→XTERRA JAPAN丸沼
        いずれも大自然を満喫しつくすイベントです。
        簡単に完走できないからこそシッカリ準備して完走できた時の感動は最高です!!
        この楽しさ!難しさに!ともに挑戦してみませんか?
        どちらもスタッフの田口が参加します。
        もちろんご一緒に参加いただける方の当日サポート対策会開催します。
        ぜひ機会を逃さずチャレンジしてみましょう!

        | 1/161PAGES | >>

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM